mono_v1.png

私は覚えている

移動する電車の中

駅から目的地までの道筋

思い出すのはそんな時間だった

時と共にモノとモノの隙間はなくなっていく

便利になって生活は楽に

ただ

無くなることで

その隙間も大切な存在であったことに

気づく

あの時のあの時間

失われていくモノとモノの間

​私は覚えていたい